外壁 リフォーム 見積り術テク

外壁 リフォーム 見積り術テク

外壁 リフォーム 見積り術テク

外壁塗装は汚くなった外壁を綺麗にするだけのものだと思われている人がいます。

 

もちろん、外観が綺麗になる事も目的の1つですが、それ以上に外壁塗装には重要な必要性があるのです。

 

外壁は長年風雨にさらされ、紫外線を浴び続ける事で表面の塗装膜が劣化します。

 

またヒートショックや振動を受け続ける事で細かなヒビが入ったりします。

 

この様に、外壁の塗膜が劣化すれば雨水をはじく撥水性が無くなり、またヒビ割れからは雨水が住宅の構造部に浸透する恐れが生じるのです。

 

雨水が侵入すると、住宅の梁や柱の躯体を腐食させる恐れがあり、住宅の寿命を短くしてしまうのです。

 

こうした危険性を防ぎ、住宅の寿命を長く保つと言うのが、外壁塗装の必要性の最も大きな理由なのです。

 

外壁にヒビが入っていたり、外壁を指でなぞって白い粉が着くようなら、塗り替えの時期だと考え、信頼できる塗装業者さんに相談し、外壁塗装を行う事が大切です。

 

もちろん、外壁塗装を行えば、住宅の外観も新築時の美しさを取り戻します。

 

 

最近の住宅の多くが2階建てや3階建て住宅で、平屋の住宅は少なくなっています。

 

しかし、土地がある程度確保出来れば、住居スペースを上方向に伸ばす事なく、ワンフロアーの住宅でもある平屋を作る事も可能です。

 

住宅の耐用年数は50年などと言われていますが、これは定期的なメンテナンスをしっかりと行っている場合であり、メンテナンス次第では50年よりも長く住み続ける事も出来ます。

 

外壁塗装はメンテナンスの中でもとても重要なリフォーム工事の一つでもあり、常に自然の猛威に晒される外壁を塗膜を作り出して自然の猛威から壁を守る、そして家を守る事になるのが外壁塗装の特徴と言えましょう。

 

平屋の場合には2階建てや3階建て住宅よりも壁面の面積が少なくなるので、足場の設置費用や外壁補修費用、そして塗装コストなどが安くなるメリットがあります。

 

また、屋根の塗装を同時に行っておけば、足場費用の節約にも繋がるなどのメリットがありお勧めです。

 

 

外壁塗装工事は一般的な住宅の場合、かかる日数はおよそ2週間程度が目安になります。

 

もちろん家の大きさや広さによっても変わりますし、外壁塗装に使用する塗料の乾きによって日数が短くなったり長くなったりします。

 

雨の多い時期や氷点下の続く時期などは、塗料が乾きにくい状態になるので、工期が長くなることがあります。

 

外壁塗装は、作業員の安全を確保して丁寧な仕事をするために、足場を組むことが一般的です。

 

足場を組むには半日から1日程度かかり、その後、塗装前の下地処理を行います。下地処理として、まず高圧洗浄を行い、外壁の状態を確認します。

 

状態によって補修を行う作業が1~2日程度かかります。

 

その後、塗料を塗る作業になりますが、外壁塗装は塗料を3回ほど塗る重ね塗りを行うため、それぞれの塗料が乾燥するまでに1日程度時間をおきます。

 

完全に乾燥をしてから、足場を解体するなどの作業が必要になりますから、およそ10日~2週間程度の日数がかかります。